読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビックリINFORMATION!激ゲキHAPPY

ビックリするINFORMATIONなら激ゲキHAPPY

残業月60時間提示=繁忙期は再調整

ニュース

政府の働き方改革実現会議は14日、首相官邸で第7回会合を開き、長時間労働是正に向け、残業時間の上限を年720時間、月平均60時間とする事務局案を提示した。繁忙期は月100時間まで認める案を検討してきたが、労働界から長過ぎるとの批判が出たため、今回は盛り込まず、労使間で改めて調整することとした。3月末に取りまとめる実行計画での決着を目指す。

スロット攻略で時給3,000円の安定収入!全国パチンコ店データ

安倍晋三首相は席上、残業時間の上限規制について「多数決で議決するものではない。労使で合意形成してもらわなくては法案は出せない」と指摘。「胸襟を開いた責任ある議論を労使双方にお願いしたい」と述べた。

スマホアフィリで稼ぐなら神ツールを利用して稼ぐ!

労働基準法は、労働時間を原則1日8時間、週40時間と定めているが、36条に基づく「三六協定」を結ぶと、事実上無制限で残業させることができる。事務局案では、三六協定を見直し、残業時間の上限を定め、年720時間、月平均60時間に制限する。違反企業には罰則も科す。

理学療法士就職・転職情報!全国リハビリ施設データ

繁忙期に関しては、政府内で月100時間まで、2カ月平均では月80時間まで残業を認める案が検討されていた。しかし、労働界は「(脳・心臓疾患の)発症前1カ月で100時間程度」となっている過労死認定基準と同程度だとして反発している。