読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビックリINFORMATION!激ゲキHAPPY

ビックリするINFORMATIONなら激ゲキHAPPY

「PPAP」を国立劇場が真面目に和風アレンジ!

YouTubeから世界的に火が付き、社会現象にもなったピコ太郎の動画「PPAP(ペンパイナッポーアッポーペン)」を、日本の伝統芸能の“聖地”国立劇場がアレンジした動画が、13日夜の公開から1日半で10万PVを超す大人気となっている。

FXなど投資で稼ぐ!無敵の情報商材マニュアル特集

曲名は、「PPAP」を三味線、笛、小鼓、大鼓、太鼓の長唄囃子の奏者がアレンジした、その名も「PNSP(ペンヌリサンポーサンポーペン)」。サンポーは神事に用いられる三方、ヌリサンポーは塗り三方のことだ。

アフィリエイトやユーチューブ動画などで稼ぐノウハウ

荘厳な笛の音色が響く中、国立劇場のマスコット「くろごちゃん」が筆と三方を持って登場。唄い手の声に合わせて、筆を三方や塗り三方に「エイッ」とするしぐさをする。三味線、笛、太鼓などの真面目でクオリティーの高い演奏と唄、そして和の音色に乗った「くろごちゃん」のかわいらしい動きがミスマッチな2分間に仕上がっている。国立劇場によると、収録は昨年12月26日に行われたという。

ローソンのアルバイト募集!バイトルローソン情報

この動画には「おとなが真面目に遊び心だすと、すごい!!」「理想的なハイカルチャーサブカルチャーのコラボ」「本家より笑った」など絶賛のコメントが並んでいる。